むきばんだ史跡公園

spot27

妻木晩田遺跡は弥生時代に大山山麓に存在していたといわれるクニの中心的な大集落と考えられています。遺跡は鳥取県米子市・西伯郡大山町にまたがる「晩田山丘陵」にあり、遺跡の範囲は約170haに及びます。弥生時代の遺跡としては国内最大級の広さを誇ります。

copyright ©2020 Central Tottori Tourism Promotion Organization. All right Reserved.
error: Content is protected !!