仁風閣

main_spot04

鳥取藩主であった池田仲博侯爵によって建てられた仁風閣。仁風閣は、1907年、池田侯爵が当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として鳥取城跡の扇御殿跡に建てた別荘で、皇太子が行啓に来た時、皇太子に随行した元帥海軍大将の東郷平八郎が仁風閣と名付けました。フレンチ型ルネッサンス様式を基調とした白亜の木造瓦葺の2階建ての建物は、その外観の優雅さや日本庭園の美しさが相まって国の重要文化財として指定されています。館内は資料館として鳥取藩や池田家についての資料が展示されています。2階からは池泉回遊式日本庭園の宝隆院庭園が一望でき、天気の良い日には大山も見え人々の心を癒してくれます。

INFORMATION

入館料
  • 大人150円
  • 高校生以下無料
休館日
  • 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 年末年始
開園時間 午前9時~午後5時
住所 鳥取市東町2丁目121
電話番号 0857-26-3595

外部サイトへ移動します。

error: Content is protected !!